法人向けのパソコンの方が個人向けより安いことがあるのはなぜ?

法人向けパソコンの特徴

企業で使用するのに適した法人向けパソコンは、個人向けパソコンとは異なる点が多数あります。まず一つ目に法人向けパソコンには個人向けパソコンのようなソフトウェアの付属がないため、安い価格設定が実現しているということが挙げられます。ただし法人向けパソコンもモデルにより仕様は様々でそれにより価格にも違いが出てくるため、業務に適したパソコンを選ぶ際は慎重になる必要があります。また安いパソコンを購入しても、用途に合っていないスペックを選択してしまうと作業効率の低下や不要なコストがかかってしまうなど損をしてしまう場合もあるため注意が必要です。法人向けパソコンを購入する際は、安さだけにこだわらず形状やスペックの違いを理解した上で購入することが大切です。

リサイクルの義務化による違い

法人向けパソコンと個人向けパソコンの異なる点として、リサイクルの義務化があります。平成15年の10月以降に個人向けに販売されたパソコンは購入時の費用にリサイクル費用が含まれていて、リサイクルマークのついているパソコンを破棄する場合に料金負担が発生しない仕組みになっているのです。一方で法人向けパソコンを破棄する場合にはリサイクル費用を負担する必要が出てきます。また法人向けパソコンと個人向けパソコンとでは保証の内容やサポートの充実度も変わってきます。法人向けパソコンと個人向けパソコンには異なる点が色々とありますが、パソコンを破棄する際の費用や手続きの負担、サポートの充実度も価格に影響を与える要因です。

© Copyright Computer Technology. All Rights Reserved.