会社が個人向けのパソコンを購入してはいけない?

法人向けパソコンと個人向けパソコンの違い

法人向けのパソコンと個人向けのパソコンの違う点として、法人向けパソコンは仕事に特化したモデルになるので、個人向けパソコンと比べてカラーバリエーションが少なかったり、付属のソフトウェアがついていないことが挙げられます。法人向けパソコンは、シンプルで地味なイメージになってしまいますが、1台あたりの金額も購入時はリーズナブルになるのも違いのひとつです。その理由はリサイクル料が含まれているか・含まれていないかという点にあり、個人向けパソコンは購入時にリサイクル料も先払いするシステムで、法人向けパソコンは、廃棄の時にリサイクル料がかかる形になっています。それでは、企業が個人向けパソコンを購入するとどうなるのでしょうか。

会社が個人向けのパソコンを購入すると割高になる

個人向けパソコンはリサイクル料金が入っているため購入時は割高になります。また、仕事に不要なソフトウェアがインストールされていることも多く、仕事をすることを考えると、余計なソフトウェアが入っていないパソコンの方が使いやすいため、企業があえて個人向けパソコンを購入する必要はないでしょう。そして、法人向けパソコンは、セキュリティ機能が充実しています。これは会社の機密情報などを守るための仕様となっているからです。このことも踏まえたうえで、企業は法人向けパソコンを購入した方がよりメリットがあるでしょう。逆に、プライベートでさまざまなことをするには個人向けパソコンの方がデザイン性も良く、付属のソフトウェアも多くついていたり、音質や画質も法人向けパソコンよりもスペックが充実していますので、使いやすいといえるでしょう。

© Copyright Computer Technology. All Rights Reserved.